じゃあ続いては、キャバクラボーイの仕事がキツイと感じるのってこんな時、みたいな質問に答えていこうかと思うよ。
どんどん質問してってくださいな!

ストレートに、こういう時に辞めたくなった、みたいなエピソードがあれば

正直、あんまり辞めたくなったみたいな経験は思い出せないかも。
でも、なんか自分はこの仕事にあんまり向いてないかもしれないなーなんて感じたことは確かにあります。

例えば、やっぱりこの世界って上の人が厳しい傾向が強くて、変なミスとかすると結構きつく言われたりするんだよね。
例えば嬢の付け替えをミスるだとか、売上計算したら金額合ってないだとか、毎日働いているとちょっとしたミスがどうしても出てしまうんだけど、お店によっては結構厳しく言われたりするので、そういった部分では、辛いなーと感じたことが何度もある。

基本的に仕事がキツイってこと?

基本的に夜仕事することになるので、体力はどうしても必要
ボーイなんて楽勝っしょ、みたいな感覚でいると、ちょっと痛い目をみるかもしれない。
あと、ちょこちょこ重い物を運ぶようなことがあったり、清掃するスペースが結構広いから疲れたり、ちょっとした嬢の買い出し要望にイチイチ応えないといけなかったりするので、精神的にも疲れたりするかも。

働きだしてどれぐらいでキツイと感じだした?

むしろ、最初は結構キツかったと思う。
やっぱり、働く時間がちょっと遅めだから慣れてない人はちょっと時間がかかるかもしれないね。
残業で2時とか3時とかになることもあるから、 その辺は覚悟しておいた方がいいかも。
でも、逆に言えば最初はキツく感じるかもしれないけど、だんだん慣れてくると思う。
特に体の方が。
生活リズムとか大事にする人には、あまり向いてないかもしれない。

どこのお店に行ってもキツイと思う?

これは多分、結構お店によって違うと思う。
嬢の仕事と同じで、運営してる会社の方針とか、店舗の状況で結構違うと思う。
万が一、働き始めたお店が異常にキツく感じたら、お店を移ってみた方がいいかも。

キツくても続けられるモチベーションって何かあるの?

うーん、将来のためだと思って頑張るか、後は嬢の笑顔に癒されるとか。
でも、結構経営に関する勉強にもなるだろうから、やる気があればやっぱりモチベーションは維持できると思う。
やみくもに頑張るっていうのは、あんまりあわないかも。